2018年07月23日

夏の夕焼けと星空

暑かった一日の終わりに

きれいな夕焼けが 生石高原から見えました

↑ クリック 夕日にコオニユリの花が 輝いてface05




町の明かりが点くころ

お星様も輝いて

↑ クリック 満天の星がface05



まだまだ未熟な星撮影 ともちゃんの目にはしっかり見えたけどface07

北斗七星しか分からなくて・・・face06

いつか天の川見つけられればいいな  


Posted by tomoちゃん at 02:54Comments(2)風景

2018年07月22日

生石高原

標高は1000メートルもありませんが

少しは涼しいに違いないと 夕方ひとっ走りik_34

生石高原まで

爽やかな風が吹いて 真っ白い入道雲

↑ クリック  見る見る日が落ちて



真っ赤な入道雲に 変身です

明日も暑くなりそう・・・




若いススキの根元で

オカトラノオ

↑ クリック  キキョウ


日が落ちると さすがに涼しくて

一足先に 秋風を感じて来ました  


Posted by tomoちゃん at 01:28Comments(4)風景

2018年06月27日

梅雨の合間に

じめじめした梅雨ですが

お昼間は爽やかな風が吹いていました

ご近所で 稲がすくすく育っています

↑ クリック 畦でシジミチョウが羽根を休めていました



テッポウユリも


↑ クリック とってもいい香りでした
  


Posted by tomoちゃん at 01:03Comments(2)風景

2018年06月20日

カナダから ナイヤガラフォール

半世紀以上も前 外国航路の船乗りだった おじさんに見せられた

ナイヤガラ滝の絵葉書

あれ以来 私の憧れの滝となった ナイヤガラでした

今、目の当たりで見ながら 夢見心地でしたik_83

カナダ滝 幅675メートル 落差56メートル

↑ クリック アメリカ滝 幅330メートル 落差58メートル


ナイヤガラの滝 ナイヤガラ川が国境となって  アメリカ滝とカナダ滝 そしてブライダルベール滝の3個の滝が並んで流れています

夜はきれいにライトアップ

↑ ナイヤガラ川



舟に乗って滝の近くまで

その迫力に圧倒されながら・・・

↑ びしょびしょになりながら



毎秒毎日毎年何万年間も これだけの水量 どこから流れ出してくるのかしら・・・


おまけの写真です

アメリカからは青のユニフォーム カナダからは 赤のユニフォームで船に乗ります

アメリカ滝の向こうは ニュウーヨーク州の街が すぐそこに

↑ クリック カナダ滝へ 突入です   びしょぬれで~~す

  


Posted by tomoちゃん at 00:51Comments(0)風景

2018年06月18日

カナダ紀行から コロンビア大氷原

北極圏以南では 最大といわれている コロンビア氷原の上に 立って来ました

氷原から流れ出る氷河 ゆっくりゆっくり動いているそうで

↑ クリック 氷河の裂け目が クレバス


ですが

これは雪の裂け目 下から青い氷河が見えていました


どこまでも続く 氷原

↑ クリック  雪上車 でっかいタイヤは ともちゃんと背丈が同じ



雪上車に乗って 大氷原へ


ロッキーの山には 他にも氷河が見られます

↑ クリック  すご~~い吹雪で 飛ばされそうなときも・・・

ともちゃんたちは ラッキーなことに 無事に氷原までドライブできました

曇っていた空に お日様も出て 歓迎してくれました


今朝、八時前大阪北部で大きな地震ありました
災害にあわれた方々に心よりお見舞い申し上げます 余震の少ないことを祈っています
  


Posted by tomoちゃん at 23:59Comments(0)風景

2018年06月17日

カナダ紀行から カナディアンロッキー

世界遺産 広大なバンフ国立公園内を

大型バスで ゆったりと ドライブしながら移り行く車窓を楽しみました


↑ クリック 二人がけの座席にゆったり一人づつ



まず降ろされた レイククイーズ カナディアンロッキー内で 最も美しい湖だそうな

↑ クリック 人魚が一人face08




雪融けの今 数週間しか見られない 氷河湖の神秘的な青ik_83色の

ベイトーレイク

↑ クリック 霧が降りて より神秘的にウーターファウルレイクface05




残雪と 氷河が ロッキーに美しい文様を

ボウレイク

↑ 高山植物にも会えました 名前は確か ホワイトグローブ



ほんとうに美しいロッキーの山々 木々 そして 湖でした  


Posted by tomoちゃん at 23:59Comments(4)風景

2018年06月16日

カナダ紀行から バンフ

日本時間 6月8日 17時15分 関空からエアーカナダルージュAC1952便で

一路カナダ バンクーバーへ 国内機に乗り換えて カルガリー着  カナダ時間 6月8日 15時28分えぇ??


バスでカナデイアンロッキーへ

バンフ着 日本出発の同じ 6月8日 17時15分   日本と同じ日の同じ時間につきました 時差のふしきで~す


カナデイアンロッキー観光の拠点バンフ 標高1300メートル 世界第二の標高の街です

↑ クリック カナダで最初に出会った花  名前は・・・?




カナディアンロッキーから流れ出たきれいな水 ボウ川は 街の真ん中を流れます

↑ カスケイド山を背に バンフの街

  


Posted by tomoちゃん at 23:59Comments(2)風景

2018年05月18日

淡路島 渦潮

淡路島へは 年に何度か出かけますが、

もう何十年も前に見に出かけたことのあった渦潮、久~~しぶりに見る機会いただきました
超有名な観光地

揺れる船の中からの撮影です・・・ まずはピンボケの言い訳face03

大鳴門橋の向こうに 霧にかすむ町も見えました

↑ クリック やっぱりスゴ~イ自然の迫力!!

この日は大潮 ちょうど干潮の時間帯でした


        
鳴門大橋 船上から        地上から



鳴門大橋の下に 観光歩道渦潮の道があって

覗く事が出来ます

↑ クリック

刻々変わる波の様子に

ただただ感動して眺めていました  


Posted by tomoちゃん at 11:34Comments(2)風景イベント

2018年05月08日

残雪と桜と新緑と

北国ならではの春景色

残雪に桜と 新緑がとっても素敵face05


↑クリック 


南国和歌山では決して目にすることのない 春の風景face02


ブナの新緑

↑クリック ヤマザクラが




桜の大木

↑クリック
春を謳歌しています
  


Posted by tomoちゃん at 01:05Comments(0)風景

2018年05月07日

新潟十日町 美人林

十日町市に 樹齢90年ほどのブナ林があります

原生林ではないため ブナはみなすらりとした美しい立ち姿なので 美人林と呼ばれるようになったとか

雪の下で冬越しした落ち葉の絨毯の上で

↑ クリック 美しい立ち姿


まだ緑になりきらない若葉が

↑ クリック  

緑の中で

風に揺れていました


池に映ったブナの林に ブナの花がいっぱい

↑ クリック  ブナの雄花




今年の秋は きっとブナの実がいっぱい!

森の熊さん 楽しみだね  


Posted by tomoちゃん at 02:06Comments(2)風景