2015年09月24日

稲刈りの終えた田んぼで

稲刈りの終えた田んぼのあちこちで

もみ殻燻の煙が登っています


         ↑ クリック  脱穀したモミをきれいに積み上げます

        
やがて夕焼け空になり             お月様も出て


一晩中いぶし続けます



田んぼの畦のヒガンバナも夕日に映え

         ↑ クリック  エノコログサも輝いていました





同じカテゴリー(風景)の記事画像
最初が峰より
近所の田んぼでは
古座川 幻の滝
串本橋杭岩の夜明け
串本の夜空
潮岬の夕景
同じカテゴリー(風景)の記事
 最初が峰より (2018-08-29 10:28)
 近所の田んぼでは (2018-08-27 11:27)
 古座川 幻の滝 (2018-08-13 09:13)
 串本橋杭岩の夜明け (2018-08-12 09:49)
 串本の夜空 (2018-08-11 07:40)
 潮岬の夕景 (2018-08-09 23:44)

Posted by tomoちゃん at 00:44│Comments(4)風景
この記事へのコメント
こんばんは。
最近はコンバインで脱穀まで
してしまいますから
籾殻を燻すのも早いですね。
あの煙は晩秋のものだとばかり
思っていたのですが…。
でも、されている風景は
日本の農作業の原風景でも
ありますね。
Posted by 串子 at 2015年09月24日 00:59
焼きスクモ、こちらでもいたします、私は近所に親切な人がいて3袋ほど頂きますがこうして田でしているのは初めてです。所変われば色々な方法があるのですね、野菜に使用すると美味しい野菜ができます。

 色々な所に出かけられている姿を見て、私も刺激を受け信州プロを自認している私も発奮して、今年は予定していなかったのですが、この時期にしか行けない(家の作業で)10月4日から3泊程度で行ってきます。
 友達の別荘は時期が重なるため、これからネットで宿探しです。いつもいい写真を掲載していただいて感謝しています。
Posted by イスタンブール鳥取 at 2015年09月24日 19:29
串子さん こんばんは

さっそくコメントいただいていたのですね
いつもありがとうございます
農業でも便利な機械が開発されて 便利になっていますが
こうした昔ながらの農作業風景を見かけると とても懐かしい気分になりますよね 
Posted by tomoちゃんtomoちゃん at 2015年09月24日 22:10
イスタンブール 鳥取さん

焼きスクモ っていうのですね
初めて耳にします
お米はもみ殻からぬかまで 大事に利用されていますよね

信州ですか いいですね
いい旅をなさってください
Posted by tomoちゃんtomoちゃん at 2015年09月24日 22:24
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。