2015年11月23日

京都 詩仙堂

用事がすんだ京都での午後、

折角の紅葉の時期に どこかの名所に行かねば・・・(^_-) と、 連れ合いさんを説得して

夕方に詩仙堂へ

夕陽に染まって 真っ赤な紅葉ik_83

            ↑ クリック モミジはやっぱり京都ですface05


        
寺庭を 彩る紅葉や万両の赤 水も真っ赤


あっという間に日が暮れて


              ↑ クリック 最後のお客になったともちゃん


誰もいないこの時期の詩仙堂が 撮れた\(^o^)/

と喜んだのもつかの間で

帰りの市内はスゴ~~い渋滞ik_34ik_34ik_34ik_34ik_34ik_34ik_34ik_34ik_34ik_34ik_34ik_34ik_34ik_34ik_34ik_34ik_34ik_34ik_34ik_34ik_34ik_34ik_34ik_34ik_34ik_34ik_34ik_34ik_34ik_34ik_34ik_34

20分で高速に乗れるはずが 2時間もかかってface10

5時にお寺でたのに 9時にやっとお家にたどり着きましたik_85

この連休は京都が一番込み合う時期だそうです 






同じカテゴリー(風景)の記事画像
カナダ紀行から コロンビア大氷原
カナダ紀行から カナディアンロッキー
カナダ紀行から バンフ
淡路島 渦潮
残雪と桜と新緑と
新潟十日町 美人林
同じカテゴリー(風景)の記事
 カナダ紀行から コロンビア大氷原 (2018-06-18 23:59)
 カナダ紀行から カナディアンロッキー (2018-06-17 23:59)
 カナダ紀行から バンフ (2018-06-16 23:59)
 淡路島 渦潮 (2018-05-18 11:34)
 残雪と桜と新緑と (2018-05-08 01:05)
 新潟十日町 美人林 (2018-05-07 02:06)

Posted by tomoちゃん at 01:07│Comments(6)風景
この記事へのコメント
またどこかに行ってはるやろな?と思うてましたけど、詩仙堂でしたか?今が一番見頃のようどすなぁ!私もどこかに行きたいと思てますけど、なんせお人が多うて、足が動きまへん。
Posted by 桃葉 at 2015年11月23日 10:21
こんにちは。
わたしの昔の記憶では
京都御所・桂離宮?・詩仙堂は
事前申し込みが必要なんですが
いまはいつでも入れるのですか?
京都御所はわりかた、見学しやすくはなっていますし
詩仙堂もそうなったのでしょうか…。
公開期間があれば
行ってみたいですね。

京都は車で行ったらエラ目に合う…を
体験されましたか…。
京都の市中で車の洪水を
見ないことはないですね…(^^;;

あ、一度だけ あれ? と
思ったことがありますが
時代祭だと知らずに行き、
規制道路だったので
通ってなかっただけでした。
チャンチャン。
Posted by 串子 at 2015年11月23日 11:06
桃葉さん

紅葉の名所はほとんどご案内いただいたですよね
詩仙堂も確か・・・ けどジャストタイムに巡り合うと、初めてのような感動を味わえます
人がこんなに集まるわけは納得です ハイ!
Posted by tomoちゃんtomoちゃん at 2015年11月23日 21:27
串子さん

串子さんも京都お好きなご様子。よく行かれるんでしょうか

事前申し込みが必要なのは 詩仙堂ではなくて 詩仙堂の近くの修学院離宮です。 御所 桂離宮と 西芳寺も確か予約が必要だと思います
詩仙堂は私の学生時代からいつでも拝観できますよ
紅葉の時期がこんなにきれいだったんだと 今さらに思いました

連れ合いさんも京都育ちで よく解っていてこの有様でした

そうですね 自家用車は難儀します
バスも大変やし タクシーが一番と思うことが多いです
元気なら歩くことでしょうか(^_-)
Posted by tomoちゃんtomoちゃん at 2015年11月23日 21:41
詩仙堂も行きましたけど、ちょっと遅かったように記憶してますえ。
この3連休は大変な人出やったようどす。

知子さんもよくご存じだと思いますが、串子さんにお答えします。
詩仙堂はいつでも入れます。
御所、桂離宮は、宮内庁の管轄で、前もって申し込まないとあきませんが、御所は春と秋に5日間ほど一般公開されるので、申し込まなくても入れますよ。
Posted by 桃葉 at 2015年11月23日 21:44
桃葉さん

色々とお世話になっておおきにでした
これからのよろしくお願いしますどす(^_-)
Posted by tomoちゃんtomoちゃん at 2015年11月24日 11:56
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。