2017年07月17日

ハマユウ

夏の浜に咲く ハマユウ

南紀の海岸で とってもいい香りをあたり一面に漂わせています

↑ クリック




すさみ町 里野海岸

↑ クリック  由良町 白崎海岸




咲き始めはとっても繊細

↑ 満開になると とっても華やか



和歌山では すさみ町 の他 太地町 新宮市も ハマユウが町の花に制定されています


同じカテゴリー(花のある風景)の記事画像
琵琶湖疎水端
アサギマダラ
写真展示作品
雨のち晴れ
ご近所で
エノコログサ
同じカテゴリー(花のある風景)の記事
 琵琶湖疎水端 (2017-10-12 01:13)
 アサギマダラ (2017-10-11 00:56)
 写真展示作品 (2017-10-03 08:00)
 雨のち晴れ (2017-09-29 00:00)
 ご近所で (2017-09-27 00:00)
 エノコログサ (2017-09-26 10:14)

この記事へのコメント
ハマユウ、見事ですね〜。
咲き始めと満開で随分違うんですね。
初めて知りました。群生を見てみたいです。
暑い中、涼しげな写真をありがとうございました。
Posted by ハリネズミ at 2017年07月17日 12:34
ハリネズミさん

コメントありがとうございます

和歌山県民歌の歌詞にも歌われているハマユウ
夏の暑さを忘れさせてくれます
夕方 花が開き始めるとき 特に香りが高くなるように思います

香りもさわやかなんですよ 
今和歌山では あちこちで咲いています
Posted by tomoちゃんtomoちゃん at 2017年07月17日 18:35
 ハマユウ字のごとく塩には強いのですか、多分台風の時などまともに塩水をかぶりそう、赤いのは雌しべかな。当地には無い植物です。
朝から柿の防除、昼は食事と温泉、帰ってから庭の植木やっと終わり、明日から3日神戸で研修です。何か可愛い花が咲いていれば嬉しいです。
Posted by イスタンブール鳥取 at 2017年07月17日 20:59
イスタンブール 鳥取さん

そうなんですね 和歌山のような温暖な海辺に自生するのです

白い花弁に紫色のおしべが映えます おしべの先の約がオレンジ色をしています。 別名 ハマオモト(浜万年青) 立派な葉っぱは冬でも枯れません
彼岸花と同じ仲間なんですよ

この暑さの中での研修、ご苦労様です
Posted by tomoちゃんtomoちゃん at 2017年07月18日 00:05
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。