2017年08月29日

タカサゴユリ

大正時代に切花用として日本にやってきた外来種

普通ユリは球根で増えます が、種でも増えるのです。が、 開花までには何年も掛かります

ですが、 タカサゴユリはそんなに時間をかけず開花してどんどん増えています


↑ クリック 少しうつむき加減に

楚々とした佇まいですが とっても逞しくて

高速道の路肩や コンクリートの道端 空き地や荒地 家庭の庭にまで侵入して

我が物顔で咲き誇っています

その美しさゆえに駆除されずに 増え続けています





日本固有の テッポウユリとの交雑種も多いそうで

田舎の山で見つけたこれは

テッポウユリ? タカサゴユリ? それともあいの子かな




同じカテゴリー()の記事画像
ともちゃんちのちっちゃなお庭で ストレチア
山茶花
写真展終了
京都府立植物園
蕎麦畑
秋の七草 ハギ
同じカテゴリー()の記事
 ともちゃんちのちっちゃなお庭で ストレチア (2018-11-17 00:00)
 山茶花 (2018-11-15 00:00)
 写真展終了 (2018-10-31 18:34)
 京都府立植物園 (2018-10-16 00:00)
 蕎麦畑 (2018-09-27 01:26)
 秋の七草 ハギ (2018-09-24 01:01)

Posted by tomoちゃん at 00:00│Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。