2018年02月03日

雪のみたらい渓谷

水と氷と雪の織り成す渓谷の景色

水墨画と言いたいところですが・・・

↑クリック 遠くの赤い橋が目を引きました




向こうを向いたウサギの背中が暖かくface02

↑ クリック 枝にまん丸に付いた雪ダルマもかわゆくてface02




アジサイの枯れた葉に 雪のアクセサリーつけて

↑クリック 


雪の中で静かにたたずんでいました









同じカテゴリー(風景)の記事画像
冬の日本海
橋杭岩の夜明け
散紅葉
古座川流域の秋景色
田原海岸 海霧
百人一首ゆかりの地 竜田川
同じカテゴリー(風景)の記事
 冬の日本海 (2019-01-18 23:47)
 橋杭岩の夜明け (2019-01-13 00:59)
 散紅葉 (2018-12-13 00:00)
 古座川流域の秋景色 (2018-12-04 00:04)
 田原海岸 海霧 (2018-12-03 01:38)
 百人一首ゆかりの地 竜田川 (2018-12-01 23:06)

Posted by tomoちゃん at 00:00│Comments(2)風景
この記事へのコメント
 雪道行かれたのですね、渓谷もここまで行かれるのは大変だったのでしょう。雪だるま耳が可愛いです、多分稲わらが重ねてあると思いますが、
それが崩れないように稲木で交互に抑えてあるのに、雪が積もったのかもしれません。

 和歌山近くにもこんなに雪が積もる場所もあるのですね。
Posted by イスタンブール鳥取 at 2018年02月03日 18:59
イスタンブール鳥取さん

どなたが作ったのか道から見えた かわいい雪だるまに思わず車を停めました。 
朝は零下12度とかでもお天気の良い日中は1度にもなって 安心して車走らせられました
山陰では明日から又寒波と大雪の天気予報ですね
どうぞお気をつけてお過ごしになってください
Posted by tomoちゃんtomoちゃん at 2018年02月03日 21:10
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。