2018年06月02日

フタリシズカ

能楽”二人静”の 静御前とその亡霊の舞姿より名づけられたという

フタリシズカ

↑ クリック 月明かりに舞っているように・・・




こんなに大勢のface08

↑ クリック 大抵は二人なのですが・・・




中には 一人も

↑ クリック  大勢のフタリシズカもface08


森の中で 静かに咲いていました


同じカテゴリー(野草)の記事画像
南紀の海辺で
森の秋
里山の秋
ツワブキ
朝のお散歩道
天宝神社 アサマリンドウ
同じカテゴリー(野草)の記事
 南紀の海辺で (2018-12-05 01:06)
 森の秋 (2018-11-23 00:00)
 里山の秋 (2018-11-22 00:55)
 ツワブキ (2018-11-19 01:51)
 朝のお散歩道 (2018-11-14 00:00)
 天宝神社 アサマリンドウ (2018-11-04 01:25)

Posted by tomoちゃん at 00:20│Comments(7)野草
この記事へのコメント
おはようございます。

どちらが 静御前で どちらが 亡霊かなあ? と しょうもない疑問
だけれども、花にとってみれば ひょっとしたら 大問題かも?

久々の ブログへのコメントなのに くだらなく始まりました。

忙しい峠がこえて、少しゆっくりした時間がとれるようになったので
知ちゃんのブログを また、 ゆっくりと見させていただけるようになりました。

ここ1週間のブログは 本当に素敵でした。 コメントできなくてゴメンね!
Posted by よしこちゃん at 2018年06月02日 11:26
よしこちゃん

こんにちは
お忙しくされていたのですね! お疲れ様でした

お忙しいのに ブログ覗いてくださっていたのですね
ありがとう

あっという間に時間経って あっという間に季節が変わって見たかった花も終わってしまっていたり
折角撮ってきた写真のデータ 無意識に消してしまったり・・・

よしこちゃんも無理しないようにお過ごしくださいね
Posted by tomoちゃんtomoちゃん at 2018年06月02日 17:17
 日陰に咲いているようですけど、こうして集団で咲くと綺麗です。家の近くなんですか、この花の実が落ちて群生するのか、それとも根が増えていくのですか。

 今日は休みで柿の摘果をしましたがが、残念な事がありました、毎年知らない鳥(小さくてかわいいのです)巣をして4羽雛に帰っていたのですが、
昨年もカラスに襲われ全滅、今年家に帰ってみると巣が荒らされ1羽だけ
生きていましたが、親は帰ってくるかな。
 何せ、車庫の入り口で20センチ位で今年は見ていないけど多分カラスだと
思います、自然の生存競争は厳しいですね。
Posted by イスタンブール鳥取 at 2018年06月02日 20:59
イスタンブール鳥取さん

フタリシズカとよく似た名前に ヒトリシズカ ニリンソウなどがあります
花は全然違っていますが どれも根でも種でも増えてゆく多年草です

里では余り見かけなくて 山の中の木下などに群生している姿をよく見かけます
この写真は 高野山のスカイラインで見つけて撮ったものです

小鳥かわいそうなことでしたね
鳥取さんの優しさが伝わってきます
憎っきカラスめ!ですね からすにも赤ちゃんがいたのかも・・・ですしね
Posted by tomoちゃんtomoちゃん at 2018年06月02日 22:40
私のFACEBOOKのプロフィール写真は(ひとり静)です。にわのひとりしずかは今年が咲かず、二人しずかがが満開でした。
お花の画像を楽しませていただきありがとうございます。
Posted by toshibontoshibon at 2018年06月03日 16:06
toshibonさん

コメントありがとうございます
ヒトリシズカ かわいいですよね でもあっという間に終わってしまう気がします。 フタリシズカは結構長く咲いていて 捜さなくても見つかるような・・・

お庭に野草いっぱいなのですね うらやましいです
Posted by tomoちゃんtomoちゃん at 2018年06月03日 20:59
車も免許も返納した今はネットで花を見せて頂くことが唯一のいきがいです。一坪の庭の椿の下の二人しずかをなでまわしています。
Posted by toshibontoshibon at 2018年06月04日 11:48
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。