2018年09月14日

ヒガンバナ

お彼岸が近づいて

そろそろ彼岸花の季節です

近所の田んぼの畦で見つけました

↑ クリック  ヒガンバナの一輪



秋の彼岸にいっせいに咲き出すのですが

草むらでは 準備始まっています


ヒガンバナの赤ちゃん


↑ クリック 明日にも咲きそうな 蕾です


ようやく秋がやってくるのですね


同じカテゴリー(野草)の記事画像
天宝神社 アサマリンドウ
野菊の山 生石
ナルトサワギク
紀伊上臈ホトトギス 自生地
センブリとムラサキセンブリ
生石高原で出会った野草たち
同じカテゴリー(野草)の記事
 天宝神社 アサマリンドウ (2018-11-04 01:25)
 野菊の山 生石 (2018-11-02 01:03)
 ナルトサワギク (2018-11-01 01:35)
 紀伊上臈ホトトギス 自生地 (2018-10-27 00:31)
 センブリとムラサキセンブリ (2018-10-24 02:40)
 生石高原で出会った野草たち (2018-10-23 00:00)

Posted by tomoちゃん at 11:48│Comments(2)野草
この記事へのコメント
 彼岸花 こちらでは田んぼの畔に生えてきますが、全然その気配は
無いです、やはり和歌山は暖かいですね。
 当地は雨ばかりで稲刈りが進みません。これから私の好きな紅葉の時期、
またいい写真を載せてください。
Posted by イスタンブール鳥取 at 2018年09月14日 20:20
イスタンブール鳥取さん

彼岸花はどうしてお彼岸が分かるのかしら・・・
と、以前は真剣に不思議に思ったことでしたが、 やはり赤ちゃんの時期があることが判って・・・

鳥取さんのことろでもきっと 畦の草むらに赤ちゃん顔出しているはずです

お彼岸にはきっといっせいにあぜ道を彩ってくれることだろうと楽しみにしています

今年の紅葉 灼熱の太陽で葉っぱが焼け、台風の風で散り落ちて どうなるのかとても心配しています
Posted by tomoちゃんtomoちゃん at 2018年09月14日 21:33
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。