2018年11月23日

森の秋

南国の秋は遅めにやってきますが

海抜1000メートル級の森では里に比べて一足先に秋が深まっていました

野迫川村の白樺の木も落葉して

↑ クリック 真っ白い幹が素敵face05


信州に行かなくとも白樺に会えるのですik_96



落葉樹もすっかり葉を落とし、枝が陽に輝いていました

↑ クリック 常緑樹の緑に白い枝がface05





この辺りには ともちゃんの大好きなブナの木も自生していて

樹齢2~300年ものブナの大木が

↑ 幹には 次世代の生命も共生していました


東北まで行かなくても ブナに会えるのですik_96

森の中は 早々と冬支度済ませていました







同じカテゴリー(風景)の記事画像
散紅葉
古座川流域の秋景色
田原海岸 海霧
百人一首ゆかりの地 竜田川
宇治田原の柿
茶畑の朝
同じカテゴリー(風景)の記事
 散紅葉 (2018-12-13 00:00)
 古座川流域の秋景色 (2018-12-04 00:04)
 田原海岸 海霧 (2018-12-03 01:38)
 百人一首ゆかりの地 竜田川 (2018-12-01 23:06)
 宇治田原の柿 (2018-11-28 01:13)
 茶畑の朝 (2018-11-27 00:00)

Posted by tomoちゃん at 00:00│Comments(0)風景野草
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。